ファインペッツキャットフードの保存方法

ファインペッツキャットフードの正しい保存方法

ファインペッツキャットフードは2016年11月に改定され冷蔵保存から常温保存が可能になりました。

 

ファインペッツキャットフードには人工的な保存料は一切使われていませんが天然由来のトコフェロールが配合されています。

 

このトコフェロールが酸化防止剤の役割をはたしています。

 

このトコフェロールは天然由来のビタミンEですので猫の身体には一切不安なものではありません。

 

また改定により未開封での賞味期限も6カ月から18カ月になりました。

 

開封後は出来るだけ早めに食べきることをオススメします。

 

だいたい1カ月で食べきる量がよいでしょう。

 

キャットフードも鮮度があります

特にファインペッツキャットフードはお肉の含まれている量が多いので新鮮なほうが猫ちゃんの食いつきも断然違います!

 

猫の嗅覚は人間の数十万倍あるとされています。

 

やはり新鮮なファインペッツキャットフードのほうが香りもよくフードが酸化してしまうと食べなくなる猫ちゃんもいます。

 

ですから開封後は袋をしっかりと締めできるだけ空気にふれないようにし直射日光の当たらない場所で常温保存することを守れば特別な保存方法をしなくても心配ありません。

 

とはいえ人工保存料が使われていないキャットフードの鮮度を少しでも保ちたいと考える飼い主さんは多く一食分づつ小分けにジップロックなどに入れ冷凍保存する飼い主さんもいます。

 

飼い主さんの考えにもよりますが冷凍保存した場合には冷凍だからと過信せずやはり1カ月以内で食べきれる量を冷凍保存してください。

 

冷凍保存をした場合は自然解凍しレンジで少し温めてからあげるとファインペッツキャットフード本来の香りが戻り食いつきもよくなります。

 

ファインペッツキャットフードは基本常温保存で特別な保存方法は必要ありませんが飼い主さんの好みや保存のしやすさで冷凍保存を選んでも問題はありません。