ファインペッツキャットフードの副作用

ファインペッツキャットフードに副作用はあるの?

ファインペッツキャットフードは安全な人間が食べることのできる食材を使って作られたキャットフードです。
基本的には副作用などの心配はしなくても大丈夫です。

 

2016年の11月から原材料の改定がされより安心で安全な食材が使われています。

 

それまではチキンが肉類のメインでしたが今回の改定でよりアレルギーになりにくいアヒル肉とニシンが使われるようになりました。

 

アレルギーになりにくいアヒル肉やニシンを使うことにより肉類の含まれる量も70%から85%まで上がり身体への負担をより少なくしたフードになりました。

 

人間が食べるレベル(ヒューマングレード)の原材料を使い、猫にとって消化が難しい穀物を使わないグレインフリーで作られています。

 

アヒル肉は聞きなれなく大丈夫?と思う飼い主さんもいるかもしれませんが家禽の鴨肉のことになります。

 

ファインペッツキャットフードには中国産などの食材は一切使用されていません。
安心と安全性を重視しています。

 

原材料は日本では80%を表示されればよいことになっていますがファインペッツキャットフードは入っている原材料100%を表示しています。

 

全ての原材料を表示していますのでアレルギーがある猫ちゃんにも安心して与えてあげることができるのです。

 

チキンのお肉も入っていますのでチキンにアレルギーがある猫ちゃんにはアレルギーに注意してください。

 

一切不安な原材料が入っていないキャットフードをみつけるのは大変だと思いますがファインペッツキャットフードは原材料を全て公開できるほどの自信を持ったキャットフードなのです。

 

ファインペッツキャットフードは基本的に副作用などのない安全なフードですが猫ちゃんそれぞれの体質によって違います。

 

ファインペッツキャットフードには初回お試し1kgパックがありますのでそちらから猫ちゃんの体質に合うかをまずじっくり見ていただき問題がなければ続けることで効果が実感されていきます。